仕事の変化

最近、今まで力を入れてきた飲食店というものが形を変えつつあります。ビジネスとして会社にとって必要なのかどうなのか。舞い込む話の中にどれくらいのチャンスがあるのか、今いるスタッフでそれをまかなえるのか、頭の中はワチャワチャです。チャンスを掴むぞと思うとき、スタッフが辞めることになったりとする中、人がいないしと舞い込むチャンスにも消極的になりそうにもなりつつ、行くぞと言ってもらえる後押しもあり、進めて行こうと決心する日々。
さあ、自分に、自分達に運はあるのか。
そんな時に読んだ本。

運命を変えるために必要なのは信念をもって行動することやコツコツ努力することではない。

変化に間に合うか

だそうです。
凄く今の自分にしっくり来ます。変化に間に合わせるために、無理だしなんだし考えるのではなくやるためにどう動くか。スピードには迷いもネガティブな考えもいらないなと改めて。

柔軟さだけには自信はあるつもりでいたのですが、あまりにも日々舞い込む話を繋げていくにあたりまたまた迷い彷徨いかけました。

確固たる目標にするために年末、先輩方と色々話を聞いてもらい進むべき道を明確にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です